top of page

身体の中から温める🍊1月レシピ

新年あけましておめでとうございます🎍管理栄養士の成松です


お正月はどのように過ごされましたか?

冬も本番となり本格的に寒くなってきました❄ 暖房やコタツで身体を温めているつもりでも、実は身体の中が冷えているかもしれません😱 身体の中が冷えていると以下のような症状が起こりやすくなってしまいます ・肩こり ・腰痛 ・むくみ ・だるさ ・頭痛 etc... 身体の中を温めるには、温める食材を摂ることが必要です

そのような食材を活用して身体の中を温め寒さに負けない体づくりをしましょう💪 今月は「牡蠣」「生姜」を使った冷えた身体を温めるレシピをご紹介します

◎牡蠣と豆腐の味噌グラタン◎

<材料>(2人分) 牡蠣  200g 絹豆腐 1丁          {A}         

白味噌(ない場合は好みの味噌)大さじ2

マヨネーズ          大さじ1と1/2 粉チーズ           小さじ1 水              小さじ2 パン粉            大さじ1 <栄養価> エネルギー 357kcal たんぱく質 23.6g 糖質    13.8g 食塩相当量 2.6g BCAA    3560mg <作り方> ①豆腐は電子レンジで1分加熱して水切りをして、キッチンペーパーなどを使って軽く水気を切っておく。牡蠣は優しくふり洗いし汚れを取り除き、水気をきる。調味料{A}は混ぜておく。










②豆腐は高さを半分に切ってから、食べやすい大きさに切り、耐熱皿に並べる。

その上から牡蠣をのせて、調味料{A}を流しかけ、パン粉をふりかける。










③210℃に予熱したオーブンに入れて、焼き色がつくまで13~15分焼いたら完成。












牡蠣は血液の材料となる鉄やビタミンB12が豊富!

血行促進はもちろん、貧血や慢性疲労の改善にも効果的です★

◎豚肉と生姜のコーンスープ◎

<材料>(2人分) コーンスープの素   2袋        水     100ml 生姜(すりおろし) 小さじ2 牛乳    200ml 豚こま       120g       粉チーズ  小さじ1 玉ねぎ       中1/4個 オリーブ油 小さじ1 塩こしょう     少々 (パン 6枚切り1枚) <栄養価> エネルギー 493kcal たんぱく質 22.5g 糖質    43.9g 食塩相当量 2.6g BCAA 3360mg <作り方> ①玉ねぎは、5mm幅、豚肉は一口大に切る。











②鍋にオリーブ油を中火で熱し、①と生姜を炒め、塩こしょうをふる。











③火が通ったら、水、牛乳、コーンスープの素を加えて混ぜ合わせ、

沸騰する直前で火を止め盛り付けたら完成。












生姜はショウガオールが冷えた身体を芯から温めます🔥 また、豚肉はビタミンB1が豊富で、玉ねぎやにんにくと合わせることで

代謝を高め血行促進に効果的です

Comments


アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
  • Facebook アプリのアイコン
  • Twitter Clean
  • Google+ Clean
bottom of page