top of page

新年度と理学療法士について

本日4月1日は新年度初日となりました

毎年恒例の写真撮影会を行っております

昨年度途中でユニフォームが新しくなり、例年に比べてリニューアルされた感があります

毎年スタッフが加入しておりますが、今年も揃いました

特に力を入れて募集していた理学療法士に関しては、新人ではございますが3名増員となりました

後日各部署の写真をあげさせて頂きます


さて当院が最も多く抱えている問題点としては、理学療法をもっと受けたいのに、空き枠がない、これにつきます

理学療法士の枠に関しては予約制とし、人気がある故にやむなく基本週1とし、しかし術前後や必要度合が高い方に複数回を確保していく為にも、計画的に翌月の分まで予約を取ることとし、予約開始日は月初めに翌月まで可能としておりました

残念なことに予約をしても、連絡無く来院されないケースが一定数あり、そこを見越してキャンセル待ちのシステムを導入、8〜9割は希望通り理学療法を受けられるのですが、待ち時間が長くなったりする問題の他、そのシステムすら受け入れられず、クレームに繋がっております


理学療法士が増員出来ればクレームの減少に繋がるとし、理学療法士の学校とも連携の上求人活動を継続し、この新年度に何とか3人増員が出来ました


昨年度は途中で退職する理学療法士が3名ありました

それは決して切りの良いタイミングではありませんでした

それぞれの事情があるでしょうけど、中途での採用がままならず、引き継ぎが出来ない状態での退職であり、結局は患者様へしわ寄せが来ることなり、問題が悪化してしまいました

特に当院では理学療法士が予約を頂く立場であり、社会人として責任のある行動を求めざるを得ません


新人理学療法士が施術を行っていく為には、少々猶予が必要となります

現時点では6月の予約までに枠を拡充していく予定です


新人だけではなく、既存スタッフもまだまだ勉強の身であり、患者様に経験させて頂きながら成長させて頂いております

感謝の気持ちを忘れずに精進して参りますので、今年度も何卒宜しくお願いします

                                      院長  楊 昌憲


Comments


アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
  • Facebook アプリのアイコン
  • Twitter Clean
  • Google+ Clean
bottom of page